FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青虫 発生

マツノミドリハバチの発生による被害


"生態・生活サイクル
年2回の発生で,土中で幼虫体のまま繭内で卵越冬する。5月に蛹化し,6月に1回目の成虫が現われる。卵は針葉に10粒ぐらい列状に産みつける。孵化した幼虫は40~80頭が集団で針葉を食害する。食害は先端から順次下部へと移動する。2回目の成虫は8月に現われ,このときの雌雄の比率は4:1で雌が多く,単性生殖も見られる。2回目の幼虫は8~9月に現われ,一般にこのときの食害が大きい。本年温暖化素因のため発生状況が少し変化が起きています
"





スポンサーサイト
プロフィール

kawakubo

Author:kawakubo
 滋賀県彦根市で造園業を営んでおります。
 庭や樹木の病気等で困っている皆様の少しでもお役に立てればと考えております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。